会社を辞めて在宅ワーカーになったパパの記録

会社辞めて、家族どうするんやの!?あんたアホちゃうんか!(byおかん)

DIVE INTO CODEはなぜ最強のプログラミングスクールなのか

私は現在、DIVE INTO CODEというプログラミングスクールで勉強しています。

所在地は東京なので、私はオンライン生として所属。

他のスクールでも学んだことがありますが、

おそらく最強のスクールだと思います。

 

最強の理由としては、エンジニアとしての就職にこだわっている点。

ほとんどのスクールが、単なる知識の詰め込みに終わっているのに比べ

DIVE INTO CODEでは、いかに就職/転職できるか、にベクトルが向いています。

 

その一つとして、

膨大なカリキュラムを終了し、一定のスキルを得たと判断された場合、

自社のWebサービス開発をアルバイトとしてさせてもらえる仕組みがあります。

なぜこのようなことをするのか。

実はWebエンジニアとして就職/転職しようとすると、必ず聞かれるのが

「あなたはどれくらいの実務経験がありますか?」

なのです。

プログラミングスクールでいくら学んでも、どれだけ高いスキルが身についても

悲しいかな、実務経験はゼロなのです!

私も数社にアタックしましたが「実務経験」の壁に跳ね返されました。

 

そこで、DIVE INTO CODEでは

「じゃ、スクールで実務経験を積ませてあげようではないか!」

という野呂代表の発想により、

スクールで学びながら実務経験を積むことができる(しかも報酬あり!)という

今までにないプログラミングスクールになったのです。

 

わたしも8月からは、この実務経験をさせてもらえるよう

今はカリキュラムに必死に取り組んでいるところです。

 

またDIVE INTO CODEでは、slack(ビジネス向けチャットアプリ)で情報共有をしているのですが、代表の野呂さんから、仕事獲得に関する情報がひっきりなしに発信されます!

「DIVE INTO CODEの卒業レベルなら問題なし!」
「遠方の方へ!リモート可能案件です!」

などなど。

 

野呂さんご自身が

「仕事は勝ち取るもの。待っていてはいけませんよ」

という哲学の持ち主。

だからこそ、貪欲に取り組めば、見合った結果が返ってきます!

 

さぁ、あなたもDIVE INTO CODEへ!!!

  

※時間があればコチラもぜひご覧下さい。

www.youtube.com